[ Mac OS Xで自宅サーバ ]

< 概要 >

私が自宅サーバを構築したい!と思ったのは何年も前の事でしたが、余っていたPowerBook G3にMac OS Xを入れればサーバとして簡単に立ち上げられそうだ、と分かったのがきっかけで始めました。確かに簡単に始められたのですが、分からなければ難しそうな世界でもあり、挑戦してみたい人のためにMac(Mac OS X)で自宅Webサーバを構築する方法を説明したいと思います。

< 利点 >

1) サーバ容量を気にしなくても良い(たいていのレンタルサーバよりもHDDの容量の方が大きい)
2) レンタルサーバよりも安価
3) PerlやらSSIやらの制限がない

< 準備するもの >

準備するもの
備   考
1
 Mac
古いもので構わないが、Mac OS Xが起動できるもの。さらに普段使ってなくてサーバ専用にできるものがセキュリティの観点からBest。
2
 Mac OS X
今現在、我が家のサーバはMac OS X 10.8ですが、以前は10.2や10.4でした。ということで、OSも最新でなくても構いません。
3
 インターネット環境
これは言わずもがなですね。
4
 IPアドレス自動更新ソフト
IPアドレスとプライベートドメインを随時関連付けしてくれるソフト
What's Up!」をMacFeeling Softwareさんが提供してくれています。
5
 FTPソフト
 もしくはWeb作成ソフト
FetchAdobe Dreamweaverなど。Fetchには日本語版もあります。

< 費用 >

自宅サーバを立てる(運用する)のにどのくらいお金がかかるかというと、上記準備するもの以外に
  1) モデム/ルータ等の電気代
  2) Mac常時起動のための電気代
が必ずかかります。それ以外に「独自ドメイン」を取ろうとするとプラス1,000円/年くらいかかります。
機材さえ揃っていれば、外部のレンタルサーバと比較して、かなり安価に運営することができます。

< 設定方法 >

これから6つのステップでMacをWebサーバに仕立て上げたいと思います。その前提条件としてAirMac Basestation(AirMac Extreme)による無線LANで、ADSLなどの高速インターネットがすでに構築されていることとします。インターネットに接続する方法はGoogleなどで調べてください。OSのバージョンは10.4です。10.3以前では多少設定方法が違いますが、根本的にはそれほど違いはありません。また、10.5以降で変更となったところも併せて記載しています。10.12 Sierra対応です。

  Step 1. サーバのTCP/IP設定
  Step 2. ポートの開放
  Step 3. Web共有の開始
  Step 4. Dynamic DNSサービスの利用
  Step 5. IPアドレスの自動更新
  Step 6. 独自ドメインの取得
[ Top ] [ ]
[ Step 1 ] [ Step 2 ] [ Step 3 ] [ Step 4 ] [ Step 5 ] [ Step 6 ]